スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実家からの連絡で茶フイタw

私の父親は去年大腸癌で亡くなった訳ですが、実家から連絡があって親父の入院していた病院の看護婦さんから連絡があったらしい。
通常、看護婦さん...あっ・・・看護師かw
看護師の人は患者には感情移入とか、あまり親しくなってはいけないものですが、入院も長かった事もあってか、すごく親身になってくれた人です。
そういや父親が亡くなった時も泣いてたな・・・

その看護婦さんから何の連絡だったのかと言うと・・・

「父親の事を学会で発表したい」と言われたらしい。

別にいんじゃね?....って、はい?w


(゚Д゚ ;)学会・・・だと・・・!?


まぁ、たしかに父親はかなり特殊だったらしく、こんな状態になって生きてる人の前例が無いとまで医者に言われる程だった。
糖尿の上に心筋梗塞で倒れ、心臓の血管3本中2本が駄目になり手術後も通常の人の50%程度の稼働率だったが、その内大腸癌が見つかりという流れで病院もそれに合わせて移動していた。

実際は最初の心筋梗塞の時の手術で山ですと言われたが生還!
その後も何度か山と言われるが生還し続けた不死身なんじゃないかと思わせる程だったw
医者からの半年もたないでしょうというの言葉も華麗にスルー

ただ、大腸癌の後半は太腿の辺りが深緑色になって癌に侵食されている状態で、もう腐っているのであろう・・・、病室内のたちこめる匂いは忘れる事は無いと思う。
あの状態になる前に普通は亡くなるらしいです・・・頑張ったんだな~と思う。


暗い話になってしまったが、うちは家族が多いので兄弟ローテーションで見舞いには欠かさず行っていて、自分は離れて過ごしているので連休時に帰って行ったりしてた位だけどねw
それでも帰った時は毎日病院に行ってたよ!!
母親は、ほぼ基本毎日行ってたと言うよりは、親父が来ないと怒るからね。
見舞いに行ったら行ったで「うるさい!帰れ!」とか言うくせにw

そんな親父と毎日見舞いに来る家族が珍しかった事もあり、ナースセンター内では知らない看護師は居なかったのは言うまでもなかったw


・・・そんな親父の闘病生活を事を学会で話すっぽいですw
親父の事だけならいいけど、家族の事話すのはどうだろう・・・痴態晒すだけじゃないのか(・ω・;)
まぁ、学会での発表はさすがに見れませんが、発表した原稿はコピー送ってくれるそうなので、楽しみにしていようじゃないかw

もうすぐ一周忌か、早いもんだの~その時にまた何か書こうかな(・ω・)ノシ

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カウンター
徒然なる一言
箱○ゲーマータグ
プロフィール

管理人:ひしもち
XBOX360で遊んじょります。
ブログ内のゲーム画像は一部を
除いて携帯で直撮り!!

リンクはご自由にどうぞ

ウェザーニュース
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
Amazon XBOX商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。