スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『払沢の滝』と『神戸岩』

※サボってた分、日付を遡って書いてますw
 今回の日記は"7/9(月)"の出来事となりもす


仕事が非番だったので、色々と練習がてら前回VOXで行ったが場所がよくわからず帰ってきてしまった
『払沢の滝』へ向かってみました。
道はそんなに難しくはないので、近くまでは結構楽に行けるはず。
だいたい"9:00"頃過ぎに家を出て、途中1回コンビニ寄って休憩...

前回VOXで来た際に素通りしてしまった場所を、曲がり今回は間違えない様に向かう...が
行き過ぎて奥の方まで登ってしまったw
たどり着いたのがこちら
20120710024455-31.jpg

木の看板には『武蔵野水道・時坂の森』と書かれております。
結構細い道を登って来てたどり着いた場所ですが、この横はすり鉢状の崖の様になっていて、景色は
いいのですが、かな~り怖かったですw
とりあえず絶対行き過ぎてると思ったので引き換えした所、曲がったすぐそこでした・・・('A`)
まぁ、駐車場があるのはわかってたのですが、払沢の滝という看板が見当たらなかったので素通りしてたw
20120710024500-34.jpg


駐車場にバイクを止めて、反対側にある払沢の滝へ向かう
入ってすぐの辺りに『やまびこ』という陶芸館があり、そこでかき氷やらソフトクリームを販売
している様です。
20120710024458-33.jpg


滝までは少し歩きますが、川を眺めながら進んでいくと自然に癒されてあんま疲れないですなw
やはり自然の中の水辺はいいものだ( ´ ▽ ` )
20120710024451-29.jpg
20120710024448-27.jpg
20120710024445-25.jpg
fc2blog_20120721015854494.jpg


さて、そんなこんなで滝に到着...これは癒される!!
iPhoneの写真じゃ全然伝わらないだろうけど、空気も冷たくて結構気温の高かった事もあって
良くわかりませんがマイナスイオン的な物もすごそうだw
20120710024421-11.jpg


(そういや最近どっかで滝にはマイナスイオンとか無いって聞いた気がするが、気持ちいいので
気にしない事にする...w)


滝には滝壺のとこまで行けるので、滝しぶきがかかる程近くまで行けるのはいいね。
ここにはなんだかんだで1時間近く座って癒されてましたw
20120710024428-15_20120710034312.jpg
20120710024431-17.jpg



滝を堪能したので、近場にあるらしい天然記念物の『神戸岩(かのと岩)』へ向かってみる事にした。
ほんとに近くて、10分程走った辺りにありました。
20120710024414-7.jpg
20120710024416-8.jpg


来ては見たものの、実際『神戸岩』がどういう物かよくわからないっていうw
一応看板に説明が書いてありましたが、要するに急流で岩肌を削ってできた渓谷って事なのかな?
20120710024417-9.jpg


看板の横辺りから下に降りる事が出来るのですが、無理やり進める様に作られた感じで結構怖い!!
そんな訳でなんとなくヘルメットをしたまま行く事にしてみたw
下はこんな感じで、橋を架けてあったり脚立じゃないけどハシゴも設置されてます。
20120710024419-10.jpg


ハシゴを登ると、岩肌に手すり的なチェーンが安全の為に設置されてますが、足元も滑りそうで
結構危ないので、子連れとかで来る人はめちゃ気を付けた方がいい・・・
20120710024409-4.jpg


先程の石碑のある道の先には、下の写真で見える石橋がありますが、それを渡った所にトンネルが
あるのですが、これがかなり怖い!!!
明らかに何か出ると言わんばかりのトンネルだったので、先には進まず帰ってきましたw
20120710024412-6.jpg


トンネル自体の写真を撮ったはずなのですが、後で見たらなんか無かった・・・
間違って消してしまったと思いたい( ̄◇ ̄;)

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

カウンター
徒然なる一言
箱○ゲーマータグ
プロフィール

管理人:ひしもち
XBOX360で遊んじょります。
ブログ内のゲーム画像は一部を
除いて携帯で直撮り!!

リンクはご自由にどうぞ

ウェザーニュース
カテゴリー+月別アーカイブ
 
最新記事
最新コメント
検索フォーム
リンク
ブロとも一覧
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
Amazon XBOX商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。